むちうちは後遺症が残る可能性がある

むちうちは後遺症が残る可能性がある

交通事故で後ろから車に追突された場合、体だけが前に押し出されることで首がむちのようにしなる状態になって、頸椎に異常をきたし、むちうちを発症することにあります。

事故直後にむちうちの症状が出なくても、時間がたって発症することがあるので必ず事故直後に病院で診察してもらう必要があります。

むちうちは後遺症を残す可能性が高い傷害なので、早めに病院や整骨院に通ってケアをしてもらう必要があります。

後遺症が長く続く場合は、定期的に治療を行って完治を目指すことが必要です。